【薬屋のひとりごと】壬氏の正体をイラスト家系図で解説!

壬氏の複雑な家系図 薬屋のひとりごと
この記事は約7分で読めます。

後宮の管理人をしている麗しの宦官かんがん壬氏じんし。彼は一体何者なのか?

【結論】
壬氏は阿多アードゥオ妃と帝の息子です。
しかし壬氏はこのことを知らず、自らを皇弟おうてい(帝の弟)だと思っています。

どういうこと…?
そもそもなんで宦官かんがんのフリしてるの??

この記事では壬氏の複雑な事情を、イラスト付き相関図を交えて分かりやすく解説します!

原作小説最新刊までのネタバレががっつり含まれますのでご注意ください。

薬屋のひとりごと 記事一覧 

【結論】壬氏の正体

本名:華瑞月かずいげつ、登場時19歳。

19歳は数え年だから、現代日本の感覚からすると18歳か17歳。猫猫の1つ上!

壬氏

みかど阿多妃アードゥオヒの息子です。

父:帝、母:阿多。ここから生まれたのが壬氏(東宮)

ところがこの出生は本人にも隠されており、世間や壬氏本人は壬氏を皇弟おうてい(帝の弟)だと思っています↓

父:先帝、母:皇太后安氏。ここから生まれたのが現帝と皇弟壬氏

なぜこのようなことが起こったのか?
それは皇太后こうたいごうと阿多妃がほぼ同時期に男児を生み、赤子を取り換えたためです。

3/29発売最新刊。なろう版に無いトラブル発生!

赤子の取換えっ子

同時期に子供を産んだ皇太后(安氏あんし)と阿多妃アードゥオヒ

安氏と阿多

しかし母親二人の心は冷え切っていました。

  • 阿多妃……出産時に「子供に何かあった時、東宮である先帝の子が優先される」と知って絶望する。
  • 皇太后……自らを放置して幼女の元ばかりへ行く先帝を憎んでおり、その子供も可愛がれなかった。

動いたのは「自らの子を守る手段はないか?」と考えた阿多妃でした。

「取り違えても気づきませんね」
半分戯れ、半分本気で。相手がどちらともとれるように。侍女や乳母たちは下げていた。

安氏は阿多妃の行動を受け入れました。

息子の子は可愛いが、帝の子は憎かったのかもしれない。

この後、阿多が引き取った本物の皇弟は死亡。
阿多の侍女頭・風明フォンミンが赤子に蜂蜜(NG)を食べさせてしまったことが原因でした。

関連記事

【原作小説】薬屋のひとりごと1巻【ネタバレ感想】

阿多の行動から帝も真実に気づき、八つ当たりもあり医官・羅門ルォメンを去勢・追放しました。

おやじ~~~!



出生を知る者

壬氏の本当の出生を知るメンバーは

    • 帝・安氏・阿多・水蓮みかど・アンシ・アードゥオ・すいれん
    • この一件で追放された羅門ルォメン
    • 阿多の命令で動いているチュエ
    • 猫猫マオマオ

です。

水蓮すいれんは協力者です

水蓮

猫猫は1巻時点で感づきつつも知らないふりをしていましたが、13巻で阿多からはっきり暴露されてしまいます。

薬屋のひとりごと13巻【ネタバレあり感想】

衝撃なのが自らの出生を壬氏本人は知らないということです。

この事実が「壬氏が後宮管理人をする理由」に繋がっています。

後宮管理人をしている理由

壬氏は東宮とうぐうの位を明け渡すため、後宮管理人になることを志願しました。

東宮は「待っていれば国のトップに立てる立場」です。
それを捨てたい。
こんな考えに至ったのは自らが不義の子では?という疑いからでした。

壬氏の考えをかみ砕いて説明するとこうなります。

  1. 幼女趣味の先帝が、幼女ではなかった安氏と本当に子(自分)を成せたのか?
  2. 思えば自分の顔は父・先帝にも、母・安氏にも、兄・帝にも似ていない……
  3. 自分が不義の子(安氏と他の男の子供)なら、東宮の位を明け渡そう!
  4. 後宮を管理することで正統な東宮を成す過程を補助しよう!

重い悩みを誰にも相談できなかった壬氏様つら……



DMMブックスでは『薬屋のひとりごと』が3冊通常1,980円➡198円に。(初回限定)
※金額は変更になる可能性があります。
DMMブックス

帝の対応

もちろん皇弟が宦官のフリなど、帝(兄・本当は父)は反対します。

しかし壬氏は帝に賭け碁で勝利して、この無茶な要求をのませてしまいます。

でも周りへの説明はどうするの?

壬氏が宦官をするにあたり「皇弟おうていは引きこもり」という噂を流していました。

結果的に壬氏が皇弟として初めて表舞台に立ったのは「の一族の討伐」。
これに上級妃・楼蘭ロウランもかかわっていたため

「膿を出すためだった」

という理由で周囲には認知・納得されています。

関連記事

【楼蘭と狐の里】薬屋のひとりごと4巻【解説・要約】

3月25日発売の最新刊!

皇弟として動く壬氏

壬氏は原作4巻から「皇弟おうてい」として動いています。

これには「自分が不義の子では?」という疑問が解決したことが関係しています。

解決をもたらしたのは、先帝の御手付きになり後宮から出られなくなった中年女性・深緑シンリュの言葉でした。

「皆、若い頃のあのかたの姿を知らないようですね。晩年は、見る影もない姿だと聞きました」
「あのかたもまた、甘い蜂蜜のような声と、天女のようなかんばせでした」

自分が若い頃の先帝に似ていると知った壬氏。
年老いた姿しか見たことが無かったため、今まで似ていないと思い込んでいました。

壬氏は深緑の言葉で出生への疑いが杞憂であったと確信し、宦官を辞め、皇弟として動き始めます。

微妙な勘違いが発生してるけどね?
先帝は父じゃなくて祖父だよ…



出生のややこしさが起こす問題

先帝の子(皇弟おうてい)か、現帝の子か。
物語開始当時は壬氏がどちらの立場をとっても「東宮とうぐう」でした。

しかし4巻で玉葉妃ギョクヨウヒに男児が生まれて状況が一変。
現東宮は玉葉后ぎょくようきさきの男児になっています。

玉葉

もしここで壬氏を「現帝の子だ」と発表すれば、梨花妃リファヒの男児も巻き込み後継者争いに発展する恐れがあります。

しかし壬氏に次期皇帝になる気は微塵もありません。
それどころか皇弟という立場ですら不要と思うほどでした。

「私は敵になりたくありません」
「玉葉后の敵に」

これは壬氏のプロポーズに対しての猫猫マオマオの返答です。

なんとしても猫猫と結婚したい壬氏は、この後驚くべき行動に出ます。



壬氏の反乱

8巻にて、壬氏は帝・玉葉后・猫猫みかど・ぎょくようきさき・まおまおの前で

自らに『玉葉后の奴隷の焼き印』を押します。

……はい?

まごう事なき自傷行為。これは

玉葉后ぎょくようきさきの敵になりたくないという猫猫の願いを叶えるため。
そして皇族をやめたいという壬氏の主張でした。

そんなに……!?

「月の君」と呼ばれている壬氏。
本名「華瑞月かずいげつ」をみかどにしか呼ばれないことを寂しく思っています。

だから自分を(部下にして)名前を与えて欲しい。

「私を人にしていただけませぬか」

そうのたまった壬氏に帝は激怒します。

関連記事

【壬氏がやけど!?】薬屋のひとりごと8巻【ネタバレ感想】

帝と阿多の約束

帝と阿多

帝が激怒した理由、それは壬氏を次期皇帝にしたかったからでした。

帝と阿多はかつて「阿多を国母にする」という約束をかわしていました。
これは即ち阿多が生んだ「壬氏を次の帝にする」という約束です。

帝が一番に愛していた妃は幼馴染である阿多でした。
しかし壬氏出産時に子宮を失くしてしまった阿多は、(だいぶ帝が粘りますが)後宮を出るほかなくなります。

玉葉妃との男児ができ、玉葉妃が玉葉后になった今も、帝はまだ国母の約束を守り続けようとしていました。

そこに壬氏のトンデモ行動。

出生を伝えていれば…と後悔したであろう帝。
もし伝えていれば、壬氏は焼き印押しをとどまったかもしれません。

国母の約束関連記事

壬氏と猫猫がキス!?終話で衝撃の事実【薬屋のひとりごと5巻】ネタバレ感想

阿多の後押しで臣下降格が濃厚に

焼き印事件のストレスもあり、盲腸炎にかかった帝。

手術が失敗した際に備えての身辺整理で壬氏・阿多を呼び出し、そこに猫猫も加わることになりました。

『時期帝になりたくないか?』という帝の直球な質問に

『なりたくないし、やらねばならぬ場合は猫猫を解放する』と告げた壬氏。

その他者を思いやりすぎる態度に両親二人は『帝には向いていない』と判断します。

ということは……!?

阿多からの後押しも影響し、壬氏は現在臣下降格が叶いそうな状態になっています。

しかしそのことはまだ壬氏には告げられてません。

関連記事

薬屋のひとりごと原作小説15巻【ネタバレあり感想】壬氏臣下降格決定?



薬屋のひとりごとを90%offで読む方法

『薬屋のひとりごと』を購入する場合は90%offクーポンがもらえる、DMMブックスがお得です。

初回購入時、上限2000円分90%off!!

例えば、『薬屋のひとりごと 原作小説(ヒーロー文庫)』は

  • 3冊通常1,980円➡198円に。(1,782円オフ!)
  • 4冊通常2,640円➡640円に。(2,000円オフ!)

※必ず一度に購入してください。

電子書籍サイト最高の割引率です♪

DMMブックス
X・Googleアカウントで簡単登録↓
人気コミック絶賛発売中!【DMM.com 電子書籍】

もちろん漫画版もあります。
90%offクーポンを最大限活用するなら、2222円の購入がベストです。

まとめ

壬氏の正体は

  • 帝と阿多の息子
  • 表向きは先帝と安氏の息子(皇弟)
  • 真実は壬氏本人も知らない
  • しかし壬氏は皇族を辞めたがっており、その望みは叶いそうな雰囲気

物語の中でも核になる、センシティブな情報でした。

皇族と聞くと普通の娘はときめきますが、壬氏が恋をするのは猫猫。
故に面倒くさく自由の利かない立場は、恋愛の障害となっています。

この後壬氏の立場の変更が帝から告げられるのかに注目です!

壬氏・猫猫が納得のいく道を歩めればいいですね!

薬屋のひとりごと 記事一覧へ

\シェアしてくれるとめっちゃ喜びます/
この記事を書いた人
ザクロ

読書大好き、考察大好きのザクロと申します!
「どこよりも分かりやすい解説」を目指し、手描きのイラストや図を交え、「どういうこと?」とつっこみながら記事を作成しています。
シリーズものは新刊発売後、随時新情報に更新していきます。Xにて通知しますので是非フォローしてお待ちください!
記事のシェア・相互リンク歓迎です。

Xにて記事をアップ・追記した時にお知らせしています。気になる記事がございましたら、是非下記のボタンからフォローしてください(*ᴗˬᴗ)⁾⁾
薬屋のひとりごと
スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    所々違う部分があるので訂正した方がいいと思います

    • ザクロ zakuro より:

      ありがとうございます!
      確認しますと
      ・壬氏の年齢が数えとごっちゃになって1歳ミス
      ・私の推測が混ざっている部分を変更
      いたしました。

      もしこれでまだ気になるところございましたら私の読解力不足ですので、具体的に教えていただけると嬉しいですm(_ _”m)

  2. 有馬記念 より:

    アニメを見て1回だけではわからなかったのもあり、こういう解説を探してました。イラストもあって、とてもわかりやすく楽しく理解できました。ありがとうございます。特に帝の対応についての部分で、帝(兄・本当は父)の補足は読む側がもう1度、壬氏がどういう人物なのかをしっかり確認できる素晴らしい補足だったと思います。本当にありがとうございました。

    • ザクロ zakuro より:

      そう言っていただけるととても嬉しいです!
      これからも出来るだけ分かりやすく、痒い所に手が届くような疑問が生まれない記事作成を心がけていきたいと思います。
      こちらこそ読んでいただきありがとうございました(^^)

  3. 苺あめをもう一度 より:

    分かりやすく,図も好きです
    ありがとうございました!

  4. 最近ハマった人 より:

    頭にスッと入り、大変好感の持てる内容でした。
    この作品に対する、熱い思いを共有したい能動的な部分も、読者のために最低限まで抑えているお気持ち、ご察しします。

    ありがとうございました。

    • ザクロ ザクロ より:

      励みになるコメントありがとうございます!

      ご察しの通り、一度書いてからどうにか内容を削っています(笑)
      お読みいただきありがとうございました!

  5. マオカ より:

    じんしさまの過去重っ!
    把握しきれていなくて今更ですがおどろきました…
    わかりやすくて図も可愛くて綺麗で本当に好きです!
    頑張ってください!!!

    • ザクロ ザクロ より:

      そうですよね…本人が真実知らされていないのも爆弾です。
      ありがとうございます!完結まで追い続けます!

  6. 匿名 より:

    最近知った人です。
    色々なサイトを見てきましたが、1番分かりやすかったです。
    助かりました。

タイトルとURLをコピーしました