壬氏と猫猫がキス!?終話で衝撃の事実【薬屋のひとりごと5巻】ネタバレ感想

薬屋のひとりごと5巻ネタバレ【キス巻】【終話】 薬屋のひとりごと
この記事は約15分で読めます。

猫猫は、花街仕込みの匠の技を壬氏にお返ししてしまった。

2016年5月31日発売の【薬屋のひとりごと5巻】。


今巻の見どころは壬氏×猫猫の関係・里樹・そして阿多です。

恋愛巻!

魅力的な新キャラも多数!伏線(問題)も続々と散りばめられているので、そちらも簡潔にまとめました。

前巻 次巻 薬屋のひとりごと記事一覧

【簡単に】あらすじ

今巻のメインは、西都(の玉葉后の実家)での会合です。

前巻は日本の温泉郷的な舞台だったけど、今回は西洋かぶれのアジアン舞踏会なイメージ♪

皇弟(壬氏)の嫁選びを兼ねたものであり、行きだけで半月以上かかる西都に

壬氏・猫猫・馬閃・阿多アードゥオ里樹リーシュ・翠苓・羅半・陸孫(初登場!)などが勢ぞろいです。

そして阿多視点の序話と終話も衝撃的。

本当は現帝と阿多の息子である壬氏が、どうやって皇弟と取り替えられたのかに注目です。

他、やぶ医者を助けろ!in紙の村、
蝗害の予兆・怪しいアルビノ仙女など

伏線も散りばめられて盛沢山です!

やぶ医者を救え

銀貨

このエピソードの猫猫&壬氏が無敵で恰好良いです。

紙を作っているやぶ医者の村にて。

いちゃもんつけてくる地主VS猫猫のバトルが開催されます。

女衒ぜげんに売れば銀三百はいけますよ」

と賭けの対象に自分を持ち出し、笑い出した地主たちを逆に嘲笑する猫猫。

煽る猫猫を殴ろうとする地主に…

壬氏は、銭袋をひっくり返す。じゃらじゃらと金銀の粒が落ちてくる。その場にいる者たちが、目を真ん丸にして口を開けている。馬閃も同じだ、何をやっているのかと、口をぱくぱくさせている。
「この娘が銀三百で買えるなら安いものだな」
壬氏は声色を変えていた。いつもより低い声と、端正だが不気味な顔がその場を圧倒する。

札束で殴りこむ壬氏様。

いえ、お札ではないですが…

村娘は銀二十で買いたたかれることもあるそう。
金銭感覚が流石です。

猫猫は地主との飲み比べに勝利します。
それでも約束を反故にしようとする地主に対し、脱税を指摘。こてんぱんにしました。

つ…強すぎる…!

キス?壬氏の嫁選び

猫猫は、花街仕込みの匠の技を壬氏にお返ししてしまった。

4巻にて銀の簪を楼蘭にあげてしまったため、再度壬氏から簪をもらった猫猫。

今度は月と芥子けしのモチーフでした。

↓芥子(けし)

芥子

嫁選びの場に猫猫を無理やり連れてきて、自分の名【月】が入った簪を贈る……

壬氏が猫猫に恋をしているのは明白です。

5巻のあらすじで、これは【プロポーズ】と表記されてるよ!

しかしここで猫猫が悪手。無難だからと嫁に里樹を勧めます。そこにさっき陸孫とダンスしたことも加わり…

「なにが無難だ」
冷たい刃のような声が耳元をかする。

怒る壬氏様。首を絞められ、酸素を求めたところへキスが降ってきます。

これが分からせか…

押し倒されても「面倒」「厄介ごとは避けたい」と壬氏を人形のような目で見つめ返す猫猫。

のしかかられた時、ふと白鈴小姐パイリンねぇちゃんの言葉を思い出します。

パイリン↓

『お客とはいえ、主導権を握られてはだめよ』

白鈴を思い出す猫猫

猫猫は妓女ではありませんが、白鈴に仕込まれた経歴がありました。
反射でできるようになっていたそれを、壬氏にお披露目します。

薄く開けた唇を広げ、相手を誘い込むようにして、そして、反対に自分が相手側へと滑り込んだ。
壬氏が驚きと喜びの表情を浮かべたが、それは長く続かなかった。ぴくっ、ぴくっと身体が反応し、猫猫への拘束が緩まっていく。

ファーストキスは、壬氏の敗北で終わりました。

勝ち負けじゃない…よ…!



こっちも魅力的!当て馬・陸孫


↑後ろの男が陸孫。試し読みにも挿絵あり。

「一曲だけ踊っていただけませんか?」
柔和な男という印象から食えぬ男へと変貌した。
猫猫は、かろうじで薄皮一枚かぶっていた猫を剥ぐと、ひどい顔をみせた。

今回壬氏をあおる役割を買ったのが、羅漢の部下・陸孫りくそん

  • 30歳手前
  • 人の顔を一度見たら忘れない覚える努力もする。
  • 気の配りようが半端ない。

「敬称は無しでお願いします、猫猫お嬢様」
「では陸孫で」
「では猫猫で」

ダンスの後は手の甲にキス。
女たらしっぽいですが、役立つ特技の持ち主なので今後の出番も多そうです。

隠れヒロイン・里樹妃の恋!?

里樹

DMMブックスでは『薬屋のひとりごと』が3冊通常1,980円➡198円に。(初回限定)
※金額は変更になる可能性があります。
DMMブックス

【相関図】里樹の父親は誰?猫猫が立証

「つまり卯柳という男が私の父かどうか鑑定できませんか?」

悩みがつきない不幸体質・里樹妃リーシュヒ

侍女からだけでなく異母姉からもいじめられ、父からは政治のコマとして冷遇。
その原因は、【里樹は実は現帝の子供ではないか?】という疑惑にありました。

エッ!!

卯の一族相関図

里樹の母親は阿多と友人で東宮妃の候補でもありました。
つまり現帝の御手付きもあったのでは?と卯柳・異母姉、そして里樹妃も疑っているのです。

里樹妃の母親はとうに亡くなっており真実は闇の中…

4巻で銅鏡の遺品描写があったね

しかし!猫猫は立証します。

疑惑は勘違いで、里樹は卯柳の娘でした。歯並びが特徴的かつ青魚がダメな体質は父親譲りでした。

「好き嫌いや勘違いで、相手にひどい対応をするなど、この国の高官がすることではありませんから」

出すぎていると思いながらも卯柳に(里樹妃への対応について)苦言を呈す猫猫。
この絶妙な正義感が猫猫の魅力です。

不器用な恋物語の予感

獅子(ライオン)

舞踏会的な宴会場で香水(獣の生殖器を材料としたもの)をひっかけられてしまう里樹妃。

あぁ~~~

そこに出し物として獅子が登場します。

檻に閉じ込められたまま移動する獅子ですが、

里樹にかけられた香水に反応し、興奮して檻を突き破って向かってきます。

逃げてぇ!

腰が抜けた里樹、それを見捨てることもできない猫猫。

ただ、呆然とする顔はその近づく死を待つしかできないようだ。

まさに絶体絶命。

そこに救世主が現れました……!
馬閃です。

馬閃

馬閃は折れた檻の鉄格子で対抗。
獅子の鼻をつぶし、格子を眉間にたたきつけ…
無事獅子はとらえられました。

そして猫猫の眼前で展開される、ベタな恋物語。

馬閃は顔を赤く染めて無言でいた。いつもの猫猫以外の女性に対しての反応かと思ったが、それにしては間が長い。
「……」
そして、目に涙をためた里樹妃もまた顔を赤くしていた。

……居心地わりー……

ヒーローとお姫様。甘酸っぱいですね。
二人の今後に注目です…!

関連記事

【結婚できるか?】馬閃と里樹の恋路まとめ【薬屋のひとりごと】



【伏線】白娘々(パイニャンニャン)

アルビノの動物

劇場で奇術を披露するアルビノの娘白娘々パイニャンニャンが話題に。
猫猫も羅半・陸孫と共に観劇にいきます。

  • 16歳くらい
  • 紙と肌が白い
  • 目が赤く、視力が悪い
  • 耳が良く10種類の音を聞き分ける
  • 蛇神様の化身と言われている

試し読みにカラー挿絵があるよ!

奇術を楽しみつつ解き明かす猫猫。
それだけならよいのですが、白娘々は最後に水銀を飲みます。
それを真似して食中毒で命を縮める者がでてきます。

注意喚起しないとダメなやつ…

しかしこの事故は故意に引き起こされたのではないか…?
と、思われる情報が次々でてきます。

  • 一年ほど前、阿片白娘々パイニャンニャンのキャラバンが売りさばいていた。
  • 今、他国(砂欧)の商人の中に混じっている可能性がある。砂欧は不可侵の為、簡単に捕まえられない。
  • 阿多の馬車を襲った盗賊が全員阿片中毒者。一人にの刺青があり、手首にの交尾を模してねじった紐をつけている。
二人の転機になる小説最新刊!

幸せの壬猫最高でした。

壬氏の出生・取り換えっ子秘話

壬氏

先帝&皇太后の子(死去)⇔現帝&阿多の子(壬氏)が赤子の時に取り換えられた話。

皇族の相関図

阿多主犯と思われていたこの衝撃の奇行は、皇太后も合意だったことが明らかになりました。

  • 阿多➡吾子あこ(我が子)を守りたい…先帝(当時の皇帝)の子であったほうが大事にされる!
  • 皇太后➡憎い男との息子に愛情を向けられない。でも孫(壬氏)は可愛い。

だから、赤子を取り換えたまま、阿多が宮に戻っても何も言わなかった。それが当たり前であるかのように、つつがなく子は取り換えられた。

阿多一人でそんなことできるの?とは思っていたけど…母親二人とも病んでたのね…

事実、赤子の服を先に変えた(周りにバレない為の隠ぺい工作をした)のは皇太后でした。

この後、本来の皇弟は死去。
(事実を知る)現帝は阿多と皇太后を気遣うもやりきれず、医官・羅門を追放します。



【伏線】阿多と現帝、国母の約束

帝と阿多

「そうだな。せっかくなら国母にでもしてもらおうか」
莫迦なあいつ(現帝)は、二つ返事で了承した。それがどんな意味か分かっているのだろうか。そして、今でも憶えているだろうか。たとえ、西の大花(玉葉)を后にすえたとしても。

これは分かりやすくすると壬氏を次の皇帝にする約束です。

あーー!

しかし4巻にて玉葉妃が男の子を生み、后になりました。

それでも現帝は壬氏を次代にするつもりなのか?

(まるで後継者を育て……)

猫猫視点では、皇帝の壬氏への対応はそのように見えるようです。

阿多はただ見守っています。

関連記事

阿多妃(アードゥオヒ)の正体は?主上・壬氏・水蓮との関係も



伏線・情報まとめ

今後重要になる伏線を簡潔にまとめました。

蝗害の予想と対策

飛蝗

時に国を亡ぼす天災・蝗害。

数年、数十年ごとに起き、空を覆いつくす飛蝗ばったに作物を食い尽くされて飢饉になります。

『帝の統治がダメだから天罰が下った』など、占い的な見方をする民もいるため、壬氏様も大変です。

対策のヒントは楼蘭が残した【虫の図録】ですが、特効薬となる情報はありませんでした。

余談ですが、猫猫にあーんで飛蝗を食べさせてもらう壬氏様が衝撃的でした。

猫猫からの嫌がらせ的なものですが、そこまでして手ずから食べたいのか…

いえ、民の生活くるしみを知るのもまた上に立つ者の役目なのでしょう(?)

玉葉が后になった理由

4巻で男の子を生み、妃から后になった玉葉后。
しかし昇格した理由は、出産だけではありませんでした。

猫猫たちの住むりーは、北亜連ほくあれんという国と度々対立してきました。
蝗害が始まり飢えた北亜連と戦になれば、かなめになるのは西。
西を束ねるのは玉葉ぎょくようの父親・玉袁ぎょくえん……

皇帝の政治的思惑が絡んでいたようです。



輸出か亡命か

羅半は会合にて、3巻で登場した女性特使【愛凛アイリーン】に商談を持ち掛けられます。

蝗害を匂わせて興味を引き、きわめつけは取引がうまくいかなかった際

「私たちが亡命できるように、手伝っていただけませんか?」

とのこと。

輸出するか、亡命を手伝うか。決断は先送りです。

薬屋のひとりごとを90%offで読む方法

『薬屋のひとりごと』を購入する場合は90%offクーポンがもらえる、DMMブックスがお得です。

初回購入時、上限2000円分90%off!!

例えば、『薬屋のひとりごと 原作小説(ヒーロー文庫)』は

  • 3冊通常1,980円➡198円に。(1,782円オフ!)
  • 4冊通常2,640円➡640円に。(2,000円オフ!)

※必ず一度に購入してください。

電子書籍サイト最高の割引率です♪

DMMブックス
X・Googleアカウントで簡単登録↓
人気コミック絶賛発売中!【DMM.com 電子書籍】

もちろん漫画版もあります。
90%offクーポンを最大限活用するなら、2222円の購入がベストです。

まとめ

壬氏×猫猫がキスまで進展した…と言いたいところですが、猫猫の気持ちはあまり揺らいでいません。

頑張れ壬氏様…

男尊女卑が強く現代日本と結婚の価値観が違う薬屋の世界。
とはいえ両想いになってほしいものです……
6巻での二人の反応に注目しましょう。

馬閃と里樹も、会える機会すらあまりなさそうでどうなるのでしょうか?

子の一族反乱が終わったと思えば、次は白娘々、飛蝗…仕事も恋愛も大変な不憫なお方だなぁと思います。

自分で読む↓

前巻 次巻 薬屋のひとりごと記事一覧
\シェアしてくれるとめっちゃ喜びます/
この記事を書いた人
ザクロ

読書大好き、考察大好きのザクロと申します!
「どこよりも分かりやすい解説」を目指し、手描きのイラストや図を交え、「どういうこと?」とつっこみながら記事を作成しています。
シリーズものは新刊発売後、随時新情報に更新していきます。Xにて通知しますので是非フォローしてお待ちください!
記事のシェア・相互リンク歓迎です。

Xにて記事をアップ・追記した時にお知らせしています。気になる記事がございましたら、是非下記のボタンからフォローしてください(*ᴗˬᴗ)⁾⁾
薬屋のひとりごと
スポンサーリンク

コメント

  1. 猫猫 より:

    薬屋のひとりごとの、壬氏、猫猫は、小説じゃない方でしたら、キスシーンは、何巻でしょうか?

    • ザクロ ザクロ より:

      漫画版ということでしょうか?
      小説5巻は、まだ漫画になっていませんので、キスシーンはありません。
      漫画2種類とも、現在小説4巻部分をコミカライズ中です。

タイトルとURLをコピーしました