古典名著

古典名著

意味不明?宮沢賢治『やまなし』を可能な限り分かりやすく解説!

この記事では、宮沢賢治の『やまなし』を読んで 全然分からん…どういう意味??となった方へ、つまづきポイントを一つ一つ解説していきます! 幻燈とは?クラムボンとは?何故タイトルはクラムボンじゃなくてやまなし?イサドって何?
古典名著

『流行感冒』のあらすじと感想 志賀直哉小説・人間の深みを知る物語

志賀直哉の短編、流行感冒(りゅうこうかんぼう)のあらすじと感想です。スペイン風邪が流行った時代。コロナ渦のような環境の中で、私の「女中・石」に対する感情は移り変わっていきます。正しさを一度置くことで知ることが出来る人間の深みについて考えさせられる物語です。
古典名著

芥川龍之介『河童』の名言考察と簡単なあらすじ【伝えたかった事とは?】

芥川龍之介『河童』考察と感想です。河童の世界というファンタジーの中に妙なリアリティが埋め込まれている作品。本質を見抜いて書かれた文章にこちらが捕らえられます。
古典名著

『注文の多い料理店』で宮沢賢治が伝えたいこととは?【考察】

この記事では宮沢賢治「注文の多い料理店」で作者が伝えたかったことは何か?ということを深く考えていきます。 結論①食べる立場は当たり前ではない。②お金だけに価値を置く浅はかさ。賢治の他作品も交えつつ、詳しく解説していきます。
古典名著

よだかはなぜ星になったのか?【宮沢賢治・よだかの星考察】

この記事では宮沢賢治「よだかの星」について『よだかは何故星になったのか?』ということを深く考えていきます。 結論→人間以上の聖なる心を持っていたから死んで星になった。宮沢賢治の考える星の世界『天上世界』は地上とどう違うのかについても解説!
古典名著

『双子の星』どこよりも簡単なあらすじ【イラスト付き】

この記事では宮沢賢治『双子の星』について、【イラスト付きでどこよりも簡単なあらすじ】、【この作品が伝えたいことを考察】していきます!
古典名著

【考察】宮沢賢治『貝の火』悪事を働いても輝くのは何故?

宮沢賢治著作『貝の火』。 この記事では「貝の火」とはいったい何だったのか?物語上の不思議や謎についての考察をお届けします! 悪事を働いても輝くのは何故?貝の火はどの鉱物なの?つりがねそうにヒントがある!?
古典名著

志賀直哉『赤西蠣太』を何処よりも分かりやすく解説!

この記事では志賀直哉の『流行感冒』について、どこよりも易しく解説します。難しい用語の解説や、現代風にしたあらすじもご紹介。
古典名著

生きると死ぬは両極ではない。志賀直哉『城の崎にて』を解説!正直な感情の死生観

志賀直哉の短編私『城の崎にて』のあらすじと解説です。 兵庫県の城崎温泉を舞台にした、志賀直哉の私小説(実体験を基にした小説)。死生観についての気づきが述べられています。 9ページ程の短編! 手記のような文体で、生きることと死ぬこと…つまり『死生観』への正直な気づきが記されています。
古典名著

泣きたくなる正しさ。宮沢賢治『銀河鉄道の夜』の名言と名シーンまとめ

一瞬目を疑うような優しさや心の奥底の願いが描き出される宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』。 個人的名言・名シーンをお伝えします。
タイトルとURLをコピーしました