恋は双子で割り切れない3巻・ネタバレ感想【小説】駆け引きの琉実と攻めの那織

恋は双子で割り切れない3巻・ネタバレ感想【小説】駆け引きの琉実と攻めの那織 恋は双子で割り切れない
この記事は約5分で読めます。

2022年1月発売の『恋は双子で割り切れない』第三巻を読了しました!

今巻では那織が部活を立ち上げたり、琉実が男友達に告白されたり、那織が大胆な行動に出たりと、見どころがたくさん。
さらなる進展があるのか期待の第三巻です!

純の気持ちに変化は、あるのかな!?

前巻同様、またしても策略に注目です!

前巻へ次巻へ恋は双子で割り切れない記事一覧へ

以下、ネタバレ有りの要約・感想となりますのでご注意ください。

登場人物

純・那織・琉実の関係性図

3巻でのキーパーソンをまとめています。全員高1。

神宮寺 琉実(じんぐうじ るみ)
神宮寺家の双子の姉。バスケ命。
幼なじみの純のことが好き。
神宮司 那織(じんぐうじ なおり)
神宮寺家の双子の妹。頭脳明晰のインドア派タイプ。
幼なじみの純のことが好き。
白崎 純(しろさき じゅん)
双子の幼なじみ。
二人のことが大切で、どちらかを選べずにいる。
坂口 瑞真(さかぐち みずま)
純の友達であり、琉実のバスケ仲間。あだ名は「安吾」。
琉実に好きだと告白する。

辞書

物語内に登場する難しいと感じる語句についてまとめました!

佳人(かじん)美しい女、美人のこと
讒謗(ざんぼう)悪口を言うこと
危殆(きたい)非常に危ないこと
騒擾(そうじょう)騒いで秩序を乱すこと。騒動
穎悟(えいご)非常に賢いこと
聡慧(そうけい)才知にすぐれること
含羞(がんしゅう)恥じらうこと
簫索感(しょうさくかん)物寂しい様子
康寧(こうねい)やすらかなこと
落莫(らくばく)物寂しい様子

遂に進展に差が!?3巻のネタバレ要約

ここでは、3巻の重要エピソードをネタバレ要約していきます!

部活を作ろうと言い出した那織。
一番の理由は、純と放課後の時間を一緒にいたいからでした。

純と話し合い、体裁を整えた上で趣味の話ができる部活を作ることになりました。

部活を作るには、五人以上の部員と顧問が必要です。
部員は、那織と純、純の友達「教授」、那織の友達「部長」、そして慈衣菜しえな

那織主導の部活メンバー
那織・純・しえな・部長・教授

そして顧問は純の担任の先生にお願いすることに。
純が先生に話し、難なく問題をクリアします。

最後の問題は、部室をどうするかでした。

意外と純も、部活を作ることに乗り気だよ!

一方その頃、琉実は……
バスケの試合の三回戦で思うようなプレイができず、落ち込んでいました。

そんな琉実に、友達の瑞真が声をかけます。
励ます流れで、なんと瑞真は琉実に好きだと告白しました。

断る琉実。
しかし、瑞真は琉実に一度デートしてほしいとお願いします。

仲の良い友達に、そんなことを言われて琉実は戸惑いを隠しきれない様子。

新展開!どうなっちゃうの?

デートも無理だと、はっきりと断った琉実。
しかし、友達としてで良いからと、引き下がらない瑞真。

琉実は、純に相談することにします。
引き止めてほしいと願いながら……。

その女心、分かるー!

その日の夜、琉実は純に電話します。
そこで、瑞真とのことを打ち明けました。

純から、行くなという言葉をもらえず、悔し泣きする琉実。

そんな琉実を、那織が励ましました。

仲の良い姉妹だよね。

那織は琉実の自滅ではなく、きっちり比較して選んでもらいたいという思いもあったみたい

そして那織の部活計画はというと、部室候補に考えていた会議室が遊戯部と取り合いに。

遊戯部代表の二年生に話をしにに行くと、チェス勝負で決めることになりました。
対戦することになったのは那織です。

那織への、純のチェス指導・特訓が始まります。

琉実は、バスケ部の友達にも相談して、瑞真と出かけることに。
それを切ない気持ちで見送る純。

デートと同じ日に、那織と純は部室を賭けたチェスの勝負を迎えます。

ところが勝負が始まる直前に純に届いた、瑞真からの挑発的なライン。

『俺、琉実のこと本気だから』

これを受けて悩む純に、那織は「行ってきていい」と告げます。

意外…!

実はこれは、この後に那織が考えている作戦を実行しやすくする、純への貸し作りのためでした。

そして、純は琉実の元へ。

答えが出るまで待ってほしいと、純は今の気持ちを正直に話しました。

走った割には相変わらず中途半端な事言うなぁ…ずるくない?

それを琉実は受け入れます。
今回は、潔く身を引く瑞真。

また那織たちは勝利し、部室を無事に手に入れました。

その後、那織が純の家に泊まるというイベントが発生し、今巻は幕を閉じます。

那織の策略でお泊り!純の反応は?

白崎純

今巻の見どころは、やはりラストの那織と純のお泊りエピソードです!

那織は友人たちとひっそり計画を立て、お泊りを実行に移しました。

最後に、また衝撃的なことをやってくれました!

重要な場面で琉実の所へ向かったことを盾に、両親不在の純の家への宿泊をおねだり…脅迫(?)します。
それを言われると、断られない純。

純の家で繰り広げられる、色仕掛けの数々……。
入浴中の純のところへ裸で乗り込んだり、一緒のベッドで無理やり寝たり……。

純の中で、那織の存在が大きくなっていきます。

男の子って単純だなー。

那織が帰宅後、証拠隠滅を図った純。

しかし何故か純の母親に女の子を泊めたことがバレたところで、今巻は終了します。

続きが気になりすぎる…!



感想

小悪魔な那織

今巻は、最後の衝撃が強すぎました!

前巻では、個人的に那織の好感度が上がっていましたが、また下がりました。
大幅に……。

身近にいたら、嫌なキャラだ!

純も、那織の作戦にまんまとハマっているところに、憤りを感じます。

私が女性だからなのか……。

男性読者の意見が、ぜひ聞きたいです!

琉実は、純愛系で好きでした。

でも何となく遅れを取っているように感じるんですよね……。
次巻が気になります!



まとめ

『恋は双子で割り切れない』小説3巻についてネタバレ感想をまとめると……

  • 遊戯部との勝負に勝利し、那織の望みである部活ができた
  • 琉実が瑞真に告白されるが断った
  • 純が本心を琉実と那織に伝える
  • 三角関係は継続中
  • 女子を家に泊めたことが、純の母親に何故かバレて今巻終了

ということでした。

ハラハラドキドキして、恋愛小説って良いね!

細かい恋愛シーンや那織の色仕掛けシーン、友人たちとの楽しい会話などはガッツリ省きましたので、気になる方は読んでみてください!

漫画版(コミカライズ)もイラストが綺麗な高クオリティ!

前巻へ次巻へ恋は双子で割り切れない記事一覧へ
\シェアしてくれるとめっちゃ喜びます/
この記事を書いた人
ザクロ

読書大好き、考察大好きのザクロと申します!
「どこよりも分かりやすい解説」を目指し、手描きのイラストや図を交え、「どういうこと?」とつっこみながら記事を作成しています。
シリーズものは新刊発売後、随時新情報に更新していきます。Xにて通知しますので是非フォローしてお待ちください!
記事のシェア・相互リンク歓迎です。

Xにて記事をアップ・追記した時にお知らせしています。気になる記事がございましたら、是非下記のボタンからフォローしてください(*ᴗˬᴗ)⁾⁾
恋は双子で割り切れない
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました