恋は双子で割り切れないの結末をネタバレ!選ばれたのはどっち?

恋は双子で割り切れないの結末をネタバレ!選ばれたのはどっち? 恋は双子で割り切れない
この記事は約6分で読めます。

7月からアニメ放送の『恋は双子で割り切れない』、略称『ふたきれ』。

この記事ではふたきれの肝である『純は琉実と那織どっちを選んだのか?』という恋の結末をネタバレ!
そしてそこまで読んだ感想を一緒にお伝えしていきます。

純の決断に共感できたか、できなかったかも重要だよね!
購入を迷っているなら是非参考にしてみてください

ここから『恋は双子で割り切れない』の最新刊までのネタバレを含みますのでご注意ください。

【おさらい】物語開始時のあらすじ

純・琉実・那織の相関図

双子の姉妹・神宮寺琉実と那織は、隣家の白崎純が好き。

好きな人がかぶってしまった中、抜け駆けたのは姉の琉実だった。
高2~高3の春に告白して1年付き合い、しかし那織への罪悪感からきっかり1年で別れを切り出した。

さらに「姉」という立場をこじらせた琉実は、純に「今度は那織と付き合って」とお願いする。

一方純の初恋は那織だったが、諦めかけていたところに琉実からの告白を受け、付き合っているうちに好きになっていた。
別れを切り出されてショックを受け、琉実の要望に驚愕するも、とりあえずは琉実の意志を尊重して那織に告白することにする。

そして那織の反応は……?

最初はガッツリ琉実主導なんだよね
そして純君はこの頃からふらふらする片鱗が……

【結末】純が選んだのは姉妹のこっち!

神宮寺那織

三角関係が結末を迎えたのは5巻
純が選んだのは妹・那織でした。

純の決断待ち状態だった二人と、自らの誕生日に横浜に出かけた帰りの公園で、想いを伝えます。

物語開始が3~4月、純の誕生日は7月。
読んでいる方の感覚ではかなりフラフラしたイメージの純ですが、そこまで待たせたわけではありませんでした。

いや、ほぼ毎日顔を合わせることを考えると長いか…?



那織を選んだ理由は色仕掛けへの陥落!?

純が那織を選んだ理由として、本人は『話が合うから会話が楽しい、唯一無二の女の子だから』だと(那織の前でも)言っています。

この点、確かに琉実は(サブカルチャーに造詣の深すぎる純・那織と違い)ごく普通の女の子なので納得できる話です。

しかし……純の気持ちが那織のほうにぐらつき始めたのは、那織が親不在の白崎家に強引にお泊りしたことが原因でした。

風呂にベッドに入ってきてさらに……という限度を知らない那織の色仕掛けから、純は無性に那織に会いたくてたまらなくなってきます。

もっと詳しく見る↓

恋は双子で割り切れない3巻・ネタバレ感想【小説】駆け引きの琉実と攻めの那織

結末についての感想

恋の結末

那織を選んだこの結末には、だいたいの所は納得です。

私は1巻を読んだ時点では、性格の良い姉・琉実を応援していました。
那織はなんか性格悪いなぁ~絶対琉実の方がいいよと思っていました。

ところが2巻3巻でそれどころではない那織のヤバさに気付いていきます。

メンヘラ、ヒステリック、痴女、屁理屈など様々な属性を持つ手に負えない女……

双子で取り合うはずなのに、印象に残るのは90%那織なんだよね

このあたりで考えは一周して、「純君こいつ早く引き取って!」と考えるようになります。

那織の痴女行動を加速させている原因は、純のどっちつかずの言動。
ならばさっさと那織に捕まった方が周囲のためではないかと考えました。

だって「秘密で彼女でもない女の子(しかも仲良い隣家の子)を泊めた息子」を怒らなければならない母親、可哀そうではありませんか?

結局その通りになり、5巻で結ばれた二人。

とはいえ那織が嫌いなわけではなく、返事をもらった時の「琉実じゃなくて自分でないといけない理由がほしい」という感情は結構好きです。

ふらふらしていた純への当然の要望。
アクドイところが多いですが、自分が出来る全力を持って恋を勝ち取りに行った女です。



琉実が可愛そうすぎる!

神宮寺琉実

しかし納得いかないのは純の言動。
主に2点、ちょっとそれはやめてほしかったという言動がありました。

1つ目は3巻。琉実は部活でかかわりのある男子から告白され、純を試したくてデートを受けます。

そして純は琉実の気持ちを分かっていて、そのデート現場に走り……
まだ答えが出せていないにもかかわらず、しっかりとデートを阻止します。

ところがその直後に那織に自宅に乗り込まれ、断り切れずにお泊りを許してしまいます。
その時の色仕掛けでぐっらぐらの純。

琉実に希望を持たせた直後に、那織に傾く……
これはちょっといただけませんでした。

2つ目は5巻

なんと純は3人でデートした最後に琉実を振り、その場で那織に「自分も好きだ」と言います。

その日、おそらく自分がフラれることを察していた琉実。
しかもこのデートの場所は、純と琉実が二人でデートしたことのある場所。

目の前で楽しそうに話す純と那織を見て「自分とのデートの時は話が合わなくて楽しくなかったんじゃないか」と比較し、「この後那織が選ばれる」と死刑宣告を待つような気持ちで涙をこらえる姿も。

きっつ……

さらに純が返事を返したのは、夜景の見える展望台をスルーして、家の近くの公園。
残酷な時間を延ばしまくり、フラれた琉実がボロ泣きするのを慰めるのは目の前でくっついた二人……

取り合われるくらいなら、もう少し配慮できる素敵な男性であってほしかったですね。

恋の決着がついてからも描かれる

高評価ポイント

ここまでで『三角関係の決着は那織が選ばれて終わった』とお伝えしてきました。

しかしそこからまだ描かれるのが、ふたきれの再評価すべき点です。

5巻できっちり決着が付き、6巻からその後が描かれる。6巻は2024年7月発売

考えてみれば

  • 琉実と那織は姉妹で、純は隣家
  • さらに家ぐるみで付き合いがある
  • 三人とも同じ高校の高1

ということで、どうやってもすぐに距離が置けない環境下にあるわけです。

そんな事実から逃げずに描いてくれる、それは結構高評価ポイントではないでしょうか?

恋は双子で割り切れないを90%offで読む方法

ふたきれ書籍(小説・漫画)を購入する際は90%offクーポンがもらえる、DMMブックスがお得です。

例えば恋は双子で割り切れない(小説版)は

1~3巻通常2,233円➡233円に。(2,000円オフ!)

※必ず一度に購入してください。

>>X・Googleアカウントで簡単登録<<

まとめ

どっちを選ぶ?結末をネタバレ

恋は双子で割り切れない(ふたきれ)の結末、選ばれたのはどっち?についてまとめると……

  • 選ばれたのは双子の妹・那織
  • 5巻にて純は琉実と那織に想いを告げた
  • 那織を選んだ理由は、「話が合うから」&「色仕掛けに陥落」
  • ふたきれは、三角関係決着後も描かれる

ということでした!

読んでいると純君にモヤっとするところもありつつ、なんやかんやのめりこんでしまいます。
各巻のネタバレ感想も書いていますので、興味があるかたは読んでみてください。

恋は双子で割り切れない 記事一覧へ

購入したいなと思った方は、こちらからどうぞ!

DMMブックスでは今だけ初回限定90%OFFクーポンを配布中
最大2000円OFFでまとめ買いにオススメです。
\シェアしてくれるとめっちゃ喜びます/
この記事を書いた人
ザクロ

読書大好き、考察大好きのザクロと申します!
「どこよりも分かりやすい解説」を目指し、手描きのイラストや図を交え、「どういうこと?」とつっこみながら記事を作成しています。
シリーズものは新刊発売後、随時新情報に更新していきます。Xにて通知しますので是非フォローしてお待ちください!
記事のシェア・相互リンク歓迎です。

Xにて記事をアップ・追記した時にお知らせしています。気になる記事がございましたら、是非下記のボタンからフォローしてください(*ᴗˬᴗ)⁾⁾
恋は双子で割り切れない
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました