恋は双子で割り切れない6巻・ネタバレ感想【原作小説最新刊】ふたきれ

恋は双子で割り切れない
この記事は約6分で読めます。

2024年7月10日発売の『恋は双子で割り切れない』(略称ふたきれ)6巻、読了しました!

前巻の海合宿で気持ちを確かめ合った純と那織。
しかし片方が選ばれた後も物語は続きます!

海ではみんなの前で元気にふるまっていた琉実。しかし時間が経つにつれ、どこまでも気持ちが落ちてしまい……

さらに今巻では、他のメンバーの恋愛模様にも色々と展開が!

これが結構楽しかったです

それでは以下、ネタバレ要約・感想となりますのでご注意ください。

前巻へ次巻未発売恋は双子で割り切れない記事一覧へ

失恋で沈みきった琉実

6巻での純・琉実・那織の関係図。
那織と純が付き合うことになり、琉実が純に失恋した。

前巻で失恋しても、合宿中は比較的落ち着いていた琉実。
しかし合宿から帰った後の勉強合宿では、亀嵩に鬱々と泣き言を洩らしています。

時間が経てば経つほど募るつらさ。

  • 那織や純が、親にお付き合いの報告をするのを見て辛くなる
  • バスケに逃げても上手くいかず、仲間に話したことで踏ん張る気力を失い、部活に影響が……

など、逃げ場は上手く見つかりません。

神宮寺父の「お似合いだな!」が無神経すぎる…

どこまで行ってもわたしは選ばれなかった女でーー

恋は双子で割り切れない,6巻

そんな中、転機になったのはお盆。大学生の従姉妹『帆波お姉ちゃん』との再会でした。

中学受験に失敗した後、不登校になりネットに逃げていた帆波。
そんな生活を辞めるキッカケが欲しかった時に、中三の琉実が関東大会に行った話が引っ掛かったそうです。

ネットの世界から現実を見るキッカケになった……って感じかな?

だからありがとう。

日常生活と離れた場所でストンと落ちる帆波の言葉。
彼女からのアドバイスを受け、琉実はまともに会話もできなくなっていた純に、話しかけることができました。

三人が元の関係に戻るまで

神宮寺那織

琉実が話しかけたことで改善していく三人の関係。
これは那織の許容があってこそのものでした。

かつて純が琉実と付き合っていた時、琉実は純と那織が二人で会うことを制限しませんでした。
膠着状態の時も三人全員が我慢をしており、それが心地よかった那織。

しかし現状は琉実だけが我慢をしている。

那織は、文化祭の準備で琉実と交流を持つであろう純を、許容して送り出しました。

あの那織が……!



一緒に泣く琉実と那織

そこからきちんと話をするようになった神宮寺姉妹。
文化祭の自分のクラスの展示に「純と来なよ」「純君と来なよ」と言えるようになった二人。

「あー、話してて段々イライラしてきた。なんでわたしじゃなくて、那織なの?こんな傲慢で面倒くさいののどこがいいわけ?見る目ないんじゃない?」
いいね。そう来なくっちゃ。調子出て来たんじゃない?

恋は双子で割り切れない,6巻

この那織の独白にじわっと来ます。

振られた後以来の涙を見せた琉実の「応援してる」という言葉に泣いてしまう那織。
姉妹の仲は、完全に元に戻りました。

まだ諦められない琉実。それを伝えられても、那織はただ「うん」と受け止めます。



そしてまた三人に。

学祭に来てくれた帆波に、那織と仲直りできた旨を報告した琉実。

すると帆波は「じゃあ今度は三人で話し合えるように」と、山奥のログハウスで3人でお泊りできるように計らってくれます。

凄~くいい行動してくれるキャラでは?今回初登場なのに…

帆波の運転でのドライブ中、完璧に昔に戻ったような気がして泣きそうになる琉実。
釣りやカートなども楽しみ、三人で肝試しをしたり流れ星を見たり……

寝る時は純が真ん中です。

「はぁ。元カノが近くに居るの、超うざい」
「今カノが実の妹ってのが、最高にめんどくさい」
「やめろって。間に挟まれた僕はどうすればいいんだ?」

恋は双子で割り切れない,6巻

遠慮しない姉妹と、その間で困る純。

三人の関係は、他人から見ると少し歪かもしれませんが、収まるべき場所に収まりました。

他のメンバーの恋愛模様も!?

他メンバーのイラスト。
慈衣菜・部長・教授・ゆず

今巻では、メイン三人以外のキャラクターの恋愛模様についてもガッツリ語られました。

かなりビックリな展開でした。一人や二人じゃないんです…

簡単にまとめてみます。



亀嵩とマープルのデート

以前から亀嵩(通称:部長)が気にしていた、チェス部2年の古間先輩(通称:マープル)。
亀嵩が勇気を出して誘ったことで、デートに行ったようです。

知識を延々と話すタイプのマープルは、那織や純に慣れている亀嵩にとって相性が良かった模様。
このまま仲を深めていけそうな感じです。



ゆずを好きになった教授

海合宿で古間柚姫(琉実のバスケ部後輩・マープルの妹)に恋をした教授(森脇)。

軽薄な教授には珍しく真剣な様子に周囲は応援しますが、ゆずは結構厄介な人物でした。

告白されたらOKし、付き合い始めてから付き合っていくか検討する。
そして大概さっさと別れる。

教授は好きだと言い続ける事で落とせないかと考えますが、勝ち筋はまだ見えません。



慈衣菜の那織への感情は?

そして謎だった慈衣菜の感情についても語られます。

好きなのが女子だと言い、それは那織だと思われた慈衣菜。
しかし那織の恋を応援し、時にはお泊りの手助けをするなど、行動がよく分からないところがありました。

それは、自分でも恋かどうかわからなかったから。

推しの恋を応援しているつもりだったのに、さみしく苦しくなっていく。

それでもにゃおにゃお(那織)が幸せならと、慈衣菜は自分の気持ちを胸にしまいました。

感想

👍

ほぼ100%ハッピーエンドと言っても過言ではないでしょう!
三人の関係が上手くいって、那織と琉実が遠慮なく言い合っていて、かなり幸せな気持ちになりました!

今回の那織は凄かったです。
いつもの我がまま娘はどこへやら、気を遣うし、琉実に譲る。

純と結ばれた事で精神的余裕が出て、一度逆の立場になったことのある現状を、俯瞰してみることが出来ているのだなと感じました。

姉に応援の言葉を貰って泣いてしまうところは最高でした

琉実も浮上してくれて本当に良かったです。

「話せば楽になる」は、時と場合や相手にもよるというのが中々リアルでした。
進みだして、謝って、那織に遠慮せず話せるようになって、純とも元の関係に戻る。

最後には「二人を見守っていく」という結論を出した琉実。
今巻は紛れもなく彼女の物語でした。



恋は双子で割り切れないを90%offで読む方法

ふたきれ書籍(小説・漫画)を購入する際は90%offクーポンがもらえる、DMMブックスがお得です。

例えば恋は双子で割り切れない(小説版)は

1~3巻通常2,233円➡233円に。(2,000円オフ!)

※必ず一度に購入してください。

>>X・Googleアカウントで簡単登録<<

まとめ

「恋は双子で割り切れない」6巻についてネタバレ感想をまとめると……

  • 琉実が失恋に落ちるところまで落ち込む
  • 従姉妹・帆波のフォローで琉実は前を向き始める
  • 那織の許容もあり、三人は元の関係に
  • 教授、先生の恋路など、他のキャラにもスポットがあたる

ということでした。

那織が進路に悩んでいる様子や文化祭での脱出ゲーム(那織シナリオ)、部誌を作る話、麗良が彼氏と別れた話、那織と純のいちゃつきなどバッサリ省いております。

面白いので是非読んでみてください!

前巻へ次巻未発売恋は双子で割り切れない記事一覧へ







\シェアしてくれるとめっちゃ喜びます/
この記事を書いた人
ザクロ

読書大好き、考察大好きのザクロと申します!
「どこよりも分かりやすい解説」を目指し、手描きのイラストや図を交え、「どういうこと?」とつっこみながら記事を作成しています。
シリーズものは新刊発売後、随時新情報に更新していきます。Xにて通知しますので是非フォローしてお待ちください!
記事のシェア・相互リンク歓迎です。

Xにて記事をアップ・追記した時にお知らせしています。気になる記事がございましたら、是非下記のボタンからフォローしてください(*ᴗˬᴗ)⁾⁾
恋は双子で割り切れない
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました