恋は双子で割り切れない1巻・ネタバレ感想【小説】アニメ化決定原作

恋は双子で割り切れない 1巻 ネタバレ感想【小説】アニメ化決定原作 恋は双子で割り切れない
この記事は約6分で読めます。

2021年5月発売の『恋は双子で割り切れない』第一巻を読了しました!

¥693 (2024/06/09 08:37時点 | 楽天市場調べ)


双子の姉妹と僕の、妙な三角関係を描いたラブコメ小説です。

双子との三角関係なんてドキドキ!

2024年7月にアニメ放送がスタート!
原作小説の第一巻には登場人物たちの関係性が描かれています。(現在5巻まで発売中)

次巻へ恋は双子で割り切れない記事一覧へ

以下、ネタバレ有りの要約・感想となりますのでご注意ください。

登場人物

メイン登場人物の関係図
超優柔不断の男子・純。琉実は中二から中三の春に純に告白して初カノになった。一方純も琉実と付き合って好きになる。
一方純の初恋は那織。そして那織と琉実は双子で、琉実が姉、那織が妹。
もう一人、那織と純の友人「教授」。この三人はサブカル知識が多すぎる友人同士で、教授は那織に告白した過去を持つ。
全員高校一年生。
また、那織の性格は理屈屋でざとく、ひねくれもの。下ネタも言い、策士である。
琉実は抜け駆けで告白した罪悪感にさいなまれがち。

主要な登場人物をまとめています。
全員高校生で、同じ高校に通っています。

神宮寺 琉実(じんぐうじ るみ)
神宮寺家の双子の姉で、活発なスポーツ少女。
同級生の純のことが好きであり、中学三年の時に付き合い、現在は元カノである。
神宮寺 那織(じんぐうじ なおり)
神宮寺家の双子の妹で、読書好きのインドア派タイプ。
純のことが好きだが、姉に先を越された。
純の初恋の相手である。
白崎 純(しろさき じゅん)
学年主席で、読書家の博識な男子。
那織とは、趣味のオタク話で盛り上がる。
琉実と付き合ったが、高校入学前に振られて失恋した。まだ未練がある。
浅野 麗良(あさの れいら)
琉実の親友であり、恋愛経験が豊富な彼氏持ちの子。
那織のことが少し苦手である。
亀嵩 璃々須(かめだけ りりす)
那織と仲が良い女の子。
美術部で、あだ名は「部長」。
森脇 豊茂(もりわき とよしげ)
純と那織のオタク仲間である。
あだ名は、「教授」。
那織に告白したことがあり、振られた。
すぐに告白する、軽い男の子。

サブカルネタ解説

物語に登場するサブカルチャーの元ネタについて、解説をまとめました!
※リンク先Amazonです。

白いクジラ(モビィ・ディック)小説「白鯨(はくげい)」ハーマン・メルヴィルの長編小説
EUREKA(エウレカ)ギリシャ語で、「我、発見せり」という意味何かを発見したことを喜ぶときに使われる
マーロウレイモンド・チャンドラーのハードボイルド小説の探偵
Who done it?(フーダニット)誰がそれをやったかという謎に焦点を当てた、複雑な筋書きのある推理小説を指す
スタートレックジーン・ロッデンベリーの製作したSFテレビドラマシリーズを基にする、メディア・フランチャイズ。

ここでは、序盤の方のサブカル情報を解説しました。

他にもたくさんあるので、調べてみるのも楽しいですよ!

三角関係の行方は?分かりやすく解説

神宮寺琉実・神宮寺那織に囲まれた白崎純

ここでは「恋は双子で割り切れない」第一巻の全貌を分かりやすく解説します。
ネタバレが含まれますのでご注意ください。

小学生の頃、神宮寺家の隣に白崎純が引っ越してきます。

神宮寺家の双子の琉実と那織と仲良くなり、三人は幼なじみとして成長。

双子の琉実と那織は、ご近所で可愛いと評判だったみたいだよ

姉の琉実は、クールな純に一目ぼれをしました。

純は小学生高学年の頃から、頭脳明晰な那織に対抗心を燃やして、気になるようになっていきます。

そして妹の那織も昔から、純のことが好きでした。

幼なじみの関係を続けていた三人。

しかし、中学三年になる前の春休みに琉実が純に思い切って告白した事がきっかけで関係性が変化します。

恥ずかしくなり、試しにわたしと付き合わないかと提案する形になった琉実。

そしてその頃の純は那織に勉学で敗北し、自分よりも優秀な人がタイプだという那織に想いを伝えることはできないと、那織への気持ちを諦めようとしている最中でした。

敗北感に包まれていた純は、琉実からの告白は救いだと感じて、告白を受け入れます。
その日から、琉実と純は恋人になりました。

ここから、本格的な三角関係が始まったんだ!

付き合い初めて、どんどん琉実を好きになる純……

しかし琉実は、嬉しい気持ちももちろんありますが、妹を出し抜いてしまったことに罪悪感を覚えます。

罪悪感に耐えられなくなった琉実が出した答えは、純と別れること。
そうして一年で、二人は破局。

琉実を好きになっていた純は未練があり、なかなか立ち直れません。

失恋って辛いよね……

琉実は、別れる時に最後のお願いとして、純に那織と付き合うようにと告げます。

心の葛藤を繰り返した純でしたが、琉実に言われた通りに、那織に告白し付き合い始めます。
那織は嬉しくもありますが、純が告白してきたのは、姉に言われただけだろうと察しました。

ちゃんと姉の役割を努めようと決心した琉実でしたが、純のことは好きなまま。

那織と純は、恋人らしくデートをしたりと、日々を送っていきます。

そんなある日、純の部屋で純と那織は二人っきりに!

大胆な那織に、キスをされる純。

しかしそのあと、那織から付き合っているつもりはないと予想外のことを言われ、二人は破局します。

付き合っているって、純の勘違いだったの?

琉実にも、純と付き合っていないということを告げた那織。

そうして、三人の関係はリセットされました。

今も純のことが好きな、琉実と那織。
二人を同じくらい好きになってしまった純。

付き合っていない三人の複雑な三角関係は、姉・妹という垣根を取っ払い続いていきます。

那織の思惑は?予想外の展開

神宮寺那織

今後の三人の関係が気になる終わり方をした第一巻。

やはり注目すべきは、那織の純と付き合っているつもりはないという発言でした。

那織の言い分は、純に告白された後、明確な返事はしていないというもの。
ただ、付き合ってるように振舞っていたそうです。

なんだか怖いよ……那織

確かに、琉実の計らいで純が告白してきたことを察してしまった以上、素直に付き合うのは難しいです。

なんだか悔しいもんね!

頭の良い那織は、琉実と純よりも一枚上手だったようです。

物語の主導権を握っている感がある那織。
今後、那織がどんな思惑を働かせて行動するのか期待できます。

感想

三角関係

三角関係は、今後どうなっていくのか!?というのがとても気になります。

第一巻ということで、人物描写から三人の性格も分かりました。

個人的には、琉実が好きで応援しています。

女の子らしい理由で怒ったりする様子など、共感できる!

小説内でも書かれているのですが、那織は同性から嫌われてしまうタイプだとか。
自信過剰であざといなど、正直に言って現実にいたらヤバいキャラでした。

那織は、苦手だわ……

那織と純がキスするシーンは、那織の大胆さに少し引きました。

三人の周りの友人たちも個性的なキャラで、面白い!
サブカルな会話(映画や小説のネタ)も多く、分かる方は嬉しい作品だと思います!



まとめ

「恋は双子で割り切れない」第一巻についてまとめると……

  • 双子の琉実と那織、幼なじみの純の三角関係の物語
  • 琉実と純が破局する
  • 那織と純の恋愛関係が始まる
  • 三人の関係が、一旦リセットされる

ということでした。

青春時代の恋愛小説は、個人的に大好きです!

細かい恋愛シーンや友人たちとの楽しい会話、サブカル情報に関してはガッツリ省きましたので、気になる方は読んでみてください!

>>KindleUnlimitedでも読める!<<
¥693 (2024/06/09 08:37時点 | 楽天市場調べ)

ちなみにこちらは、漫画化コミカライズもされています。
原作挿絵の雰囲気はそのままに、凄く可愛いイラストでオススメです!

次巻へ恋は双子で割り切れない記事一覧へ
\シェアしてくれるとめっちゃ喜びます/
この記事を書いた人
ザクロ

読書大好き、考察大好きのザクロと申します!
「どこよりも分かりやすい解説」を目指し、手描きのイラストや図を交え、「どういうこと?」とつっこみながら記事を作成しています。
シリーズものは新刊発売後、随時新情報に更新していきます。Xにて通知しますので是非フォローしてお待ちください!
記事のシェア・相互リンク歓迎です。

Xにて記事をアップ・追記した時にお知らせしています。気になる記事がございましたら、是非下記のボタンからフォローしてください(*ᴗˬᴗ)⁾⁾
恋は双子で割り切れない
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました