ロシデレ小説4巻【ネタバレ感想】姉妹の恋事情と政近過去発覚巻

ロシデレ小説4巻【ネタバレ感想】姉妹の恋事情と政近の過去が発覚!? ロシデレ
この記事は約9分で読めます。

2022年4月1日発売の『時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん』第4巻。

>>この巻はかなり面白い展開です<<

表紙からもわかるように夏休みイベント(合宿・夏祭りなど)が華やかすぎる巻です!

アプローチが積極的になっていくアーリャに、政近がついに……!?

また、政近の幼少期……周防だった頃の過去も描かれ、絶対に見逃せない1巻になっています。

以下、ネタバレ要約・感想となりますのでご注意ください。

主な登場人物

生徒会メンバーと、その関係図
・会長:剣崎統也
・副会長:更科茅咲
・書記:九条マリヤ
・広報:周防有希
・会計:九条アリサ
・庶務:君嶋綾乃
・庶務:久世政近

小説4巻の要約(ネタバレあり)

それではここから、ロシデレ4巻のネタバレ要約です!

兄弟だとバレる

政近・有希兄弟

有希の願いで、遊園地へと出かけた政近、有希、綾乃。

絶叫系のマシーンに乗って、楽しむ2人をよそに綾乃は涙目になっていました。

いつもポーカーフェイスの綾乃に意外な弱点が!

震える綾乃を救出し、手荷物を取りにロッカーへ向かうとそこで遭遇したのは、沙也加と乃々亜。

沙也加は、3人で遊びに来ていることに不信感を持ちます。

そりゃあ表向きはライバルだもんね

誤魔化そうとする政近と有希ですが、
乃々亜に二人は兄妹だとバレて指摘されてしまいます。

なんと乃々亜はピアノのコンクールでショパンを弾く周防姓の政近を知っていました。

驚きの接点!

その流れで、二人の関係を「おいしい」と発言してしまった谷山のオタクが判明。
有希と沙也加のトークは盛り上がり、政近は蚊帳の外に。

綾乃はチュロスを食べ、政近は乃々亜と共に遊園地を堪能するのでした。

最大2000円OFF!
初回90%OFFクーポンでDMMブックスを試そう
ロシデレ小説・漫画版もあります

アーリャさんは誘われたい

アーリャと政近

前巻で「夏休みも会おう」となったものの、アーリャを誘う理由が思いあたらない政近。

ひねり出した口実は宿題でした。政近の自宅で勉強だけすること3回。

つまらない男・政近に、アーリャの悪癖がでてきます。

【ほら、触ってもいいのよ?】
(……どこを?)

化粧をして誘われたいオーラを出すアーリャに、引き返せなくなった政近。

チキンレースも相まって政近の部屋で危うい雰囲気になりますが、政近の首に有希の噛み跡が残っていたことで状況は一転。

一度昇天した後、女心について学ぶ為、ようやく2人でお出かけすることになりました。

一緒にボルシチを作る約束をして「夫婦みたいね」と髪をいじいじするアーリャさんは必見!

しかし突如として始まったお出かけなので、行き先が決まらない政近。

苦し紛れに「あの角を曲がった先が目的地」だと言った結果、あったのはランジェリーショップ。

政近はアーリャの手によって再度意識を飛ばしました。



マーシャ・アーリャと合宿ハプニング!

プライベートビーチがあり、九条姉妹の水着姿に政近も目を奪われます。

九条姉妹より、彼女の茅咲を見る剣崎、さすがです

クラゲに驚いて、ロシア語でパニくったマーシャに抱き着かれたりした後、

政近は一人釣りに行っているアーリャの元へ。

魚を釣ったところで二人とも触れないことが分かり帰ることになるも、
アーリャが滑りやすい岩場で足を取られてしまいます。

政近が手を伸ばすも、たどり着いたのは脇ではなく、何か柔らかいものと紐、めくれ上がる感じ……

政近側に倒れこんでアーリャに怪我はありませんでしたが、

ここでやっと政近は、自分の手が何を掴んでいたのかに気付きます。

恥ずかしさのあまり混乱し、倒れる政近を蹴りまくるアーリャ。
政近も罪悪感から素直にボコボコにされます。

【誰にも……!見せたこと、なかったのに……っ!】

少し落ち着いたアーリャの口からでたのは、「責任」「結婚」という重めのロシア語。

政近は遠い夏の空を見上げました。

結婚すればいいじゃん…



マーシャの彼氏、遂に発覚!

マーシャ(本名:マリヤ・ミハイロヴナ・九条)

剣崎の別荘へと向かう際、政近にくっつこうとする厄介な有希を一瞬で手懐けたマーシャ。

有希が政近の腕に抱き着こうするのを阻止したけど…わざとかな?

マーシャは移動の電車で恋バナに華を咲かせ、政近の子供の頃に出会った女性との会話を聞き出します。

さらに茅咲と剣崎を口実に、政近を論破して部屋に留めるマーシャ。

彼氏持ちの部屋で二人きりになるのを拒否る政近ですが、マーシャはこのぬいぐるみが彼氏だと政近にくまのぬいぐるみを紹介します。

ぬいぐるみの名はサムイル三世!……彼氏はいないってこと?

マーシャの恋愛の価値観は、運命の相手となら出会った時にわかるというおとぎ話のようなものでした。
だから告白されても付き合わない。「彼氏がいる」は断る口実のようなもの……という感じです。

政近はどうなのかと尋ねるマーシャ。政近は親が離婚したことを話し、自身が恋愛に消極的なのだと伝えます。

話し終えた政近優しく抱きしめるマーシャ。

そして全てを見透かすように、政近が両親の事を大好きだったということを言い当てるのでした。

見透かされた政近は自然とを流し、マーシャの前では色々なことを話してしまうことに気が付きます。

そんな尊敬するマーシャは、別々のベッドで寝たハズなのに……

朝には抱き枕として活用され、よだれまでつけられるというイベントが発生しました。

このギャップがマーシャの魅力ですね



夏祭りとアーリャさんの恋心

別荘から近い夏祭りに生徒会一同で向かうも、美女揃いの為、地元の若者6人に絡まれます。

九条姉妹は絡まれると2人ともロシア語発動するのね

しかし、茅咲の力で場を一蹴。
その後剣崎と2人で若者6人を連れて消えていきました。

夏休みにアーリャの好感度が上がった気がしない政近は、このお祭りで挽回しようと試みます。

しかし、ことごとく失敗。

何やっても駄目な時はあるよね

そんな政近の様子に、アーリャはパートナーだから弱い姿も見せてほしいと願います。

その気持ちを受け取り返事をした政近ですが、まさかのここでも失敗。
アーリャにうまく想いが伝わりません。

苛立ち、王様ゲームで政近がキスから逃げたことも根に持つアーリャは、ロシアンたこ焼きで政近と勝負。

結果、2人はこっそりとみんなの元から抜け出すことになります。

2人で花火を見ている中、アーリャは政近の頬にキスをします。
そして政近はアーリャの髪へとキス

その髪を自身の口にあてるアーリャ。

その様子から政近は遂にアーリャの恋心に気づきます。

「アーリャは自分のことが好き」だと気づきました…
そっちなんだ…!



懐かしのあの子が遂に登場!政近のシンドイ過去も。

久世政近

アーリャの恋心に気づいた政近は、

自分がアーリャをどう思っているのか?自分はその気持ちにどう答えるべきなのか?

を考えていました。

それには自分自身の過去に向き合うことが必要。

初恋の女の子を忘れていたり、両親の離婚に思うところがあるもんね…

懐かしの、かつて恋をした公園へ向かうことを決意します。

しかし足取りは重く、押し寄せるのは自己嫌悪。

昔一緒に遊んだ子のことを思い返しているうちに、家族がバラバラになったのは自分のせいだと思い始めます。

両親はうまくいっていないながらも、そのことを子供たちに隠そうとしていました。
そのラインを破り「家族としてやっていけない」と思わせたのは感情を隠せなかった政近……

そして、それでも家族への愛情を見せて、政近への期待を代わりに背負って立っているのが有希でした。

小学生の話だから普通だと思うけど…
成熟が早い有希と比較してしまったのもシンドイ

政近は、アーリャに自分は相応しくないと答えを出します。

もう帰ろうと考えるも、最後にあの子と遊んだ遊具の元へ。

そして辿り着いた場所に立っていたのは、マーシャ。

政近を見つけた彼女は、いつも呼んでいる「久世くん」ではなく、ロシア語で「Масачка」と呼びます。

マサーチカ!

思い出の地に居たマーシャは、昔政近が想いを寄せていた女の子なのでしょうか?

感想

今巻は夏休みということもあって、学校を舞台にしていないシーンが多く新鮮な感覚でした。

それぞれのキャラに見せ場があってよかったですね。

物語早々2話でまさかの兄弟バレしたのは、正直驚きました。
いずれはバレるとは思っていましたが、こんなに早くバレるとは…。

その驚きに続いて沙也加のオタクが発覚。

真面目キャラかと思いきや沙也加も癖のあるキャラだったんですね。

有希と意気投合。

更には物語の終盤で、アーリャさんの行動からついに政近が恋心に気づきました。

そして最後は思い出の地に居たマーシャ……。

最後の九条姉妹の驚きが強すぎて、兄弟バレが霞むような感じでしたね。

現在過去を思い出して絶望にくれている政近。この後マーシャと話をするのでしょうか?

ここで励ましてくれたらかなりのダークホースですが…!

凄く続きが気になります!

まとめ

ロシデレ4巻ネタバレ感想

『時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん』の小説第4巻について、ネタバレを含めてまとめると…

  • 沙也加と乃々亜に政近と有希が兄弟であることがバレる
  • 生徒会の合宿で、剣崎の別荘へ
  • 夏祭りで政近がアーリャの恋心に気づく
  • 思い出の地でマーシャと再会する(初恋の女の子!?)

ということでした。

いつもスマートにこなす政近が連続で失敗して凹んでいく姿は見どころです。

茅咲の人間離れした技や綾乃のチュロスへの執着、王様ゲーム、他ラッキーイベントなどをガッツリ省きましたので、気になる方は是非読んでみてください!

>>この巻はかなり面白い展開です<<
\シェアしてくれるとめっちゃ喜びます/
この記事を書いた人
ザクロ

読書大好き、考察大好きのザクロと申します!
「どこよりも分かりやすい解説」を目指し、手描きのイラストや図を交え、「どういうこと?」とつっこみながら記事を作成しています。
シリーズものは新刊発売後、随時新情報に更新していきます。Xにて通知しますので是非フォローしてお待ちください!
記事のシェア・相互リンク歓迎です。

Xにて記事をアップ・追記した時にお知らせしています。気になる記事がございましたら、是非下記のボタンからフォローしてください(*ᴗˬᴗ)⁾⁾
ロシデレ
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました