薬屋のひとりごと・風明処刑までの事件を分かりやすく解説!侍女自殺・暗号とは?

風明処刑まで 関連事件解説 薬屋のひとりごと
この記事は約11分で読めます。

里樹妃リーシュヒ毒殺未遂の犯人、柘榴宮ざくろきゅう侍女頭・風明フォンミン


風明は猫猫の提案を受け「自首」という形で処刑を受け入れます。

しかしこの一件関連事件が少し分かりにくく

あれ?何がつながってたの??結局どうなの?

と混乱してしまうことも。

木簡の暗号とか、下女の自殺理由とか……

この記事では疑問点解消、事件の真実部分を詳細に解説していきます!

ネタバレが含まれますのでご注意ください。

木簡炎色反応事件

炎色反応例:花火

事件の概要

とある宦官が後宮内のゴミを集めて焼却しようとしました。
しかしゴミの中に捨てるのがもったいないような上質な女物の衣を見つけます。
持ち上げると衣にはばらばらの木簡が包まれていて、袖口は大きく焼け焦げています。

宦官は木簡を一つ一つ拾い上げて火にくべました。すると炎が赤や紫や青などに変色。そして宦官の手がかぶれてしまいます。

宦官はかぶれた手の治療でやぶ医者の元へ行き、「呪いだ」と事のあらましを話します。

DMMブックスでは『薬屋のひとりごと』が3冊通常1,980円➡198円に。(初回限定)
※金額は変更になる可能性があります。
DMMブックス

真相は?

「上質な女物の着物」は淑妃・阿多の侍女頭・風明のものでした。

風明は里樹妃毒殺を企んでいました。
しかし簡単には後宮から出られない立場。
毒を手に入れる為には外部の人間と連絡を取る必要があります。

そこで暗号木簡です。
検閲を誤魔化すために一見普通の木簡でやり取りし、燃やすことで相手の暗号がわかるようにします。

花火と同じ要領。塩水などに木簡をつけたら炎の色が変わるよ!

ところが内通者からの暗号を確認する際、燃えすぎて火傷してしまった風明。

証拠を隠滅するために他のゴミと混ぜて出すも、ゴミ出しの宦官が目を止めてしまいます。
炎の変色、そして木簡に塗られていた何かで手がかぶれてしまったこと……

着物のまま燃やしてしまえば、何も気づかなかったかも?

さらに猫猫の耳に届いたのが不幸でした。無知な宦官が「呪い」として恐れたことも、「炎色反応の暗号」…つまり悪だくみの可能性が高いと解き明かしてしまう猫猫。

後宮を統べる立場である壬氏は放置できるはずもなく。
「腕にやけどをおった女性」である風明を探し出します。

園遊会・里樹毒殺未遂

しかし風明を見つけ出すより前に園遊会が開催されました。

里樹妃のスープ皿に上手く毒を盛った風明。

ところが里樹妃の侍女が、里樹妃への嫌がらせで苦手な青魚を食べさせようと玉葉妃ギョクヨウヒの皿と入れ替えます。

これは誰にも予想できない…

結果、毒を口にしたのは玉葉妃の毒見をしていた猫猫。
里樹妃は命拾いしました。

3月25日発売の最新刊!

柘榴宮下女の飛び降り自殺

水中

事件の概要

後宮の外の堀に水死体が上がり、柘榴宮ざくろきゅうの下女だと分かります。(サンデーGX版では珊児サンアルという名前)

珊児は里樹妃毒殺の犯人だから自殺したのでは?と言われます。

理由は阿多妃アードゥオヒの為。
新しい上級妃を輿入れさせる話が出ており、最年長・35歳の阿多妃は『四夫人』の座を明け渡さなければいけません。
しかしほかの上級妃が居なくなれば別……。
狙いどころは帝のお通りが無い里樹妃です。

主人を生き残らせる為に他の妃を始末しようとして失敗し、自死。
しかしそうなるとがあります。

  • 珊児の指先がむごたらしく痛んでいる(堀の塀を掻いた痕がある)
  • 珊児は纏足てんそく。梯子が無いと塀に登れないはずだが見当たらない→協力者がいるのでは?

※纏足とは……幼児期より足に布を巻き、足が大きくならないようにするという、唐の末期から辛亥革命ごろまで中国で女性に対して行われていた風習。歩行が困難になる。

本当に自殺なのか?と疑う壬氏は、猫猫を柘榴宮に派遣します。



真相は?(サンデーGX版を参照)

珊児サンアルは風明を庇っての自殺でした。

スープに毒を盛ったのは風明単独で、珊児は関係ありません。
しかし結果は未遂。

阿多妃にまで疑いが及ばないように風明は首吊り自殺を図ります。

それを見つけ、身代わりを買って出たのが珊児サンアルでした。
侍女頭より下っ端である珊児のほうが、阿多への影響が低くなるとみての申し出でした。

珊児が身代わりを買って出るほどに、阿多の気質は女官たちの憧憬を集めていました。

臆病な珊児は自殺幇助ほうじょを風明にお願いし、風明はそれを了承します。

自らが申し出た身代わり自殺。けれど恐怖や苦しみからでしょうか?死に際に壁をひっかいて這い上がろうとしたようでした……

……………

風明・16年前の過ち

蓮華つつじ

風明は二つの理由で里樹妃を殺害しようとしました。それは

  • 阿多の上級妃の立場を保つため
  • 16年前、「阿多の子に蜂蜜を食べさせ殺してしまった」という事実を隠ぺいするため

です。

乳児ボツリヌス症だね。蜂蜜は1歳未満の赤ちゃんに食べさせちゃだめだよ

なぜ里樹妃が居なくなると過去が隠蔽できるのか?
それは里樹妃も赤子の頃、蜂蜜を食べて生死をさまよったからです。

食べてはいけないのは乳児期だけですが、そんなことは知らない乳母たちに「食べるな」と言われている里樹妃は、今だ蜂蜜が苦手でした。

その話を聞き自分の過ちに気づいた風明。

里樹妃は阿多妃に懐いています。
聡い阿多妃がその話を聞けば、何か感づくかもしれない……
風明は里樹妃の来訪を拒絶し、知られないように始末しようとします。

自分は敬愛する主の一番愛するものを奪った

風明はそれを阿多妃にだけは知られたくありませんでした。

「阿多さまは、あのときも言ったの。子は天の命に従ったのだと。皆が気に病む必要はないと」
「阿多妃が毎夜泣いていたことを私は知っていたのに」

おぉぉぉぉぉ

自らの婚期も見送って、阿多に仕え続けた風明。

しかし上級妃毒殺未遂は、どう頑張っても極刑(死刑)
猫猫の行動は壬氏に知られている為、隠し通すことも不可能です。

猫猫は風明に提案します。二つの動機を一つにすることを。

「阿多の立場を保つため」という片方の理由だけを持って風明は自首しました。

16年前風明のミスで子を殺したことは、阿多にも、そして壬氏にも隠蔽されました。



16年前の真実

阿多

しかし16年前、風明も知らない真実がありました。

出産時、難産により子宮を失った阿多妃。
これは出産が皇弟おうていの出産と重なり、医官がそちらを優先させられたことが原因でした。

当時後宮には医官が一人だけ。猫猫のおやじ・羅門ルォメンです。

サンデーGX版だと、マジの出産中に羅門がつれていかれるの可哀そうすぎる…

産後、失意と体調不良の中で
「今後我が子に何かあっても皇弟のほうが優先される」
と考えた阿多妃。なんと

自分の子と皇弟を入れ替える

という驚きの行動にでます。

そんなことできる???

  • 赤子二人は叔父・甥の為とても似ていた
  • 皇弟の母・安氏のほうも色々あり合意した

この二つの要素により実現します。

詳しくはこちら↓

薬屋のひとりごと 阿多妃(アードゥオヒ)の正体は?主上・壬氏・水蓮との関係も

その後風明が世話していた子が蜂蜜で亡くなってしまいますが、これは実の皇弟おうてい

阿多妃の子は皇弟として生きています。

風明に教えてあげたい~~~

偽阿多の子が亡くなった際、原因は不明。
羅門は出産時の処置と(おそらく赤子入替を見抜けなかったことも)合わせて失態とされ、片膝の骨を抜かれて後宮を追放されます。

おやじ、赤子入れ替えに本当に気づかなかったんだろうか?
「母親二人が納得してるなら」と気づいても黙っていそうだよなぁ……



薬屋のひとりごとを90%offで読む方法

『薬屋のひとりごと』を購入する場合は90%offクーポンがもらえる、DMMブックスがお得です。

初回購入時、上限2000円分90%off!!

例えば、『薬屋のひとりごと 原作小説(ヒーロー文庫)』は

  • 3冊通常1,980円➡198円に。(1,782円オフ!)
  • 4冊通常2,640円➡640円に。(2,000円オフ!)

※必ず一度に購入してください。

電子書籍サイト最高の割引率です♪

DMMブックス
X・Googleアカウントで簡単登録↓
人気コミック絶賛発売中!【DMM.com 電子書籍】

もちろん漫画版もあります。
90%offクーポンを最大限活用するなら、2222円の購入がベストです。

まとめ

話をまとめますと、

木簡にて外部と連絡し毒を手に入れた風明フォンミンは、園遊会にて里樹妃リーシュヒ毒殺を試みる。
しかし失敗して阿多妃疑われる前に自殺しようとしたところ、下女が変わり身を買って出た。
下女が自殺したところで壬氏と猫猫の目は誤魔化せず、猫猫が潜入捜査で真実を突き止める。
里樹妃毒殺未遂の動機が「阿多妃の立場を保つため」の他に「16年前阿多妃の赤子を死なせた隠蔽」にあることを。
風明は猫猫の提案「16年前の真実は隠し通すこと」を受け入れ自首。処刑を受け入れる。
しかし16年前、阿多は皇弟と自らの子を取り換えており、阿多の子は生きている。

結構難しいよね!

実はこの話、原作だけを読んでも猫猫の「こうかもしれないな?」で終わっている所があり、一番詳しく掘り下げられているのがサンデーGX版の漫画です。

2巻が園遊会・下女の死、3巻で結末です↓


Renta!で読む

風明が自殺を図ったことや、自殺した下女が「珊児サンアル」という名前だったことが書かれているのはサンデーGX版だけ。

これは漫画家・倉田先生が原作をふくらませて補足したものです。
(勿論原作者がOK出しています!)

こちらも併せて読んでみることをオススメします。

薬屋のひとりごと 記事一覧

3月25日発売の最新刊!

\シェアしてくれるとめっちゃ喜びます/
この記事を書いた人
ザクロ

読書大好き、考察大好きのザクロと申します!
「どこよりも分かりやすい解説」を目指し、手描きのイラストや図を交え、「どういうこと?」とつっこみながら記事を作成しています。
シリーズものは新刊発売後、随時新情報に更新していきます。Xにて通知しますので是非フォローしてお待ちください!
記事のシェア・相互リンク歓迎です。

Xにて記事をアップ・追記した時にお知らせしています。気になる記事がございましたら、是非下記のボタンからフォローしてください(*ᴗˬᴗ)⁾⁾
薬屋のひとりごと
スポンサーリンク

コメント

  1. 猫猫 より:

    二つの動機を一つにから処刑までの流れで混乱してしまい、検索からこちらに辿り着きました!

    すごくわかりやすくてスッキリです!!
    記事にしてくれてありがとうございます!

  2. マオカ より:

    混乱してわからなかったところがさっぱりわかってびっくりしました!
    わかりやすくて情報もたくさんあってすごい!
    大好きです
    応援しています
    ちなみに女性陣と男性陣でそれぞれどのキャラが一番好きですか?私は断然じんしと猫猫です!

    • ザクロ ザクロ より:

      この事件は分かりにくいですよね。サンデーGX版にはお世話になりました。
      応援ありがとうございます!これからもどんどん解説していきます。

      好きなキャラクターですか…
      楼蘭と陸孫と雀と天祐と羅半兄です。……ちょっと絞れませんね(笑)
      全員がアニメに登場する日を待ってます。

      勿論壬氏と猫猫もやっぱり最高ですよね(⌒⌒)

  3. まる より:

    にこにこしてて暗い過去をもつ人が好きなんですか?

    • ザクロ ザクロ より:

      そうっぽいですね(笑)
      楼蘭・陸孫・雀は同系統ですよね。
      ただ登場時点では特に好きではなく、過去が語られてから思い入れが強くなりますね。
      その頃には楼蘭・陸孫は登場しなくなるという…悲しい事情もありますが。

タイトルとURLをコピーしました