負けヒロインが多すぎるの小鞠知花を解説!三角関係の行方・温水への恋情は?

負けヒロインが多すぎるの小鞠知花を解説!三角関係の行方・温水への恋情は? 負けヒロインが多すぎる!
この記事は約10分で読めます。

『負けヒロインが多すぎる!』のキャラクターで、マケインの一人の小鞠知花。

八奈見や焼塩に無い小動物的な可愛さがあるよね

この記事ではそんな小鞠知花について最新刊まで徹底解説

具体的には、

  • 小鞠知花のプロフィールは?
  • 玉木部長・月之木先輩との関係はどうなったの?(卒業まで)
  • 温水への恋愛感情はある?最新刊までの温水×小鞠を考察

についてまとめていきます。

最新刊までのネタバレが含まれますのでご注意ください。

小鞠知花のプロフィール!

まずは小鞠知花のプロフィールです!

所属・年齢ツワブキ高校1-A(15歳)
声優寺澤百花
身長・バスト148cm、Aカップ
誕生日3月29日
家族母、小2の弟・進、5歳の妹・陽奈(幼稚園に迎えも)
特徴極度の人見知り、頑張り屋、腐女子、怯えるハムスター、スマホ筆談、強引に来られると断れない

時々温水のブレザーの裾を摘まんでいるのが可愛すぎる…

玉木部長・月之木先輩との三角関係

小鞠が三角関係を繰り広げた文芸部・玉木部長と月之木副部長。

残念ながら小鞠は負けヒロインとなってしまいましたが、その後も関係は続きます。

原作開始前3か月間、玉木・月之木・小鞠三人だけの文芸部の期間がある。
小鞠はとてもかわいがられていた。
1巻(7月)文芸部の合宿で、小鞠が玉木に告白して振られる。
玉木と月之木が付き合い始める。
3巻(10月)3年が引退。小鞠が新部長に抜擢されるが、
ツワブキ祭り・部長会などでトラブル多数。
6巻(3月)玉木・月之木が卒業

主人公温水が文芸部なので、ここの三角関係は他のマケインより詳しく描かれるんだよね

「恋敵」「振った・振られた相手」などでは片づけられない三人の絆。

ここからその具体的なエピソードを要約していきます。



【1巻】小鞠の告白とその顛末

線香花火

文芸部合宿中、しけった花火の先をのぞき込もうとした小鞠を、間一髪で助けてくれた玉木。
必死に気遣ってくれる玉木に、小鞠は文芸部全員がいる中

「す、好き、です!」

と告白します。

聞き返されても引くことなく、「どこが好きなのか」までしっかり伝える小鞠。

度胸ある…!
「相手がフリーのうちに告白」というのは八奈見・焼塩にできなかった偉業

残念ながら、玉木の「少し考えさせてくれ」という返事に月之木が怒り、
両想いだった玉木と月之木がくっつく結末に。

でも玉木がちゃんとぐらついたことを忘れてはいけない

小鞠は振られて線香花火をしながら泣きます。

しかし翌日には笑顔で部長に「これからもお願いします」と言い、
月之木にも「先輩がいないと寂しい」と、いつも通りにしたいことを告げました。

月之木は安心して泣きだしました。

小鞠ちゃんめっちゃ大人では?凄い子では?



【3巻】先輩たちの引退に無理をした小鞠

3巻ではツワブキ祭(文化祭)があり、そこで先輩二人は部活引退となります。

新部長として指名されたのは、1年の中で一番長く在籍する小鞠。
しかし小鞠はツワブキ祭の研究展示に無理をし、過労で倒れてしまいます。

落ち込み、展示を手伝おうとする月之木・玉木ですが、それを制したのは温水でした。

「小鞠を信じてやって欲しい」

小鞠は文芸部員たちに見守られながら、総量5万字の展示を書ききりました。

「これは玉木へのラブレターであり、無理に区切りをつけて次の恋の準備をしている」とは八奈見の弁。

期待通り、玉木は「最後に最高の展示になった」と涙してくれました。

届いてる届いてる

そして文化祭終わり。
小鞠は玉木に「もし月之木先輩がいなければ私のことを好きになっていたか?」とひそかに問いかけます。

恐らくイエスと答えた部長ですが(明言はされていません)、どちらにしても終わったコト。

「--部長のこと、好きになってよかった」

恋は一つの区切りを迎えました。

一方、玉木と小鞠の二人きりを見逃した月之木の心情は……

「--私ね、こう見えて余裕ぶったクソ女なの」

小鞠が告白なんてできっこないと舐めていた過去。
しかし小鞠は告白し、その影響を受けて玉木とつきあうことになりました。

だからこそ、モヤついた心を押さえつけながら借りを返すような心情で見逃した……
こちらも一区切りつけたようでした。



【3巻】部長になりたくなかった小鞠

ツワブキ祭後の部長会。
しかしそこでの報告を、小鞠はいくら練習しても上手くやり切ることができませんでした。

人前で話すの大の苦手だからね…

そんな小鞠から部長の座を無理やり奪った温水。(後述)

紆余曲折ありましたが、この一件を超えて

「玉木と月之木は小鞠のために文芸部を残したい」という、一番大切な所が遂行されました。

「文芸部を残すために小鞠が頑張る」ではなく…ということだね

この一連の流れを、後悔をにじませつつ割り込まずに見守った月之木と玉木。
やっと安心できたようです。



【6巻】玉木・月之木の卒業

月之木は名愛学院(下宿)、玉木は名古屋の国立大学に合格。
同じ県内でもかなり遠く、引っ越してしまいます。

小鞠は部長のために合格祈願周りをして、受かったと聞いたとき号泣しました

先輩たち用に部誌を作ってプレゼントした文芸部1年一同。

小鞠と月之木は最後まで逆カプ論争をし、「今度あらためて」話し合う約束をして別れました。

またひょこっと遊びに来るよねこれ

新しい恋は温水!?最新刊までの小鞠との関係

温水和彦

幽霊部員だった温水を小鞠が部活に呼び出すところから始まる、温水と小鞠の関係。
人見知りな小鞠でしたが温水に徐々に慣れ、気安い会話ができるようになっていきます。

温水をのBL事情(誤解)にキラキラする小鞠を可愛いと感じてしまう温水も

ここでは、そんな二人の関係性の変化をまとめていきます。

最も二人の距離が近づく(3巻)

温水と小鞠の距離が最も近づくのは3巻。

温水は小鞠に「新部長」の重荷を上手く分けてもらうことができず、
気遣いの言葉が、小鞠を逆撫でしてしまいます。

「私がするしかない」と言い去ってしまった小鞠に、温水は絶句。
小鞠は温水を「この先も辞めない文芸部員」として信用できていはいませんでした。

部長会当日。知らない上級生の中、まともに話せない小鞠。
噛んで、資料を落として、「時間が無いから」と順番を飛ばされそうになった時……

「--すいません、遅れました。文芸部部長の温水和彦です」

温水は部長会に乗り込み、小鞠の辛い記憶とならないように、小鞠の感情を「温水への怒り」へと向けます。

これぞ主人公!この身を挺して庇うのは玉木にも通づるところがある!

案の定、必死に準備していた場を持って行かれ、ふざけるなとペットボトルを投げつけ部屋を飛び出した小鞠。
温水は水を滴らせながら、活動報告をしました。

これはまぎれもなく、水も滴るいい男!

部長会後、非常階段に居た小鞠。

小鞠はLINEのメッセで温水に想いを伝えます。

文字は話すより小鞠が得意な方法だもんね!
言いたいことが語弊なく伝わるのは確実。

一人になってもいいように、全部できるように頑張ってきた。
どうせ居なくなるのなら、これ以上優しくしないで欲しい。

それに対して温水が返したLINEは……

『俺、ずっと一緒にいるから』

告白を疑う小鞠(と文芸部LINEグループ一同)ですが、
勿論温水ですから、部活やめないよという意味です。

小鞠の小説が好きで、だから俺は支える側に回ると。

小鞠ははにかんだ笑顔でこう返してくれました。

「逃げられない、からな。頼むぞーー部長」

そしてここから小鞠のデレが加速します。



クレープモチャモチャ(4巻)

4巻では小鞠の超かわいいエピソードが!

温水の言葉を「一口あげる」だと勘違いした小鞠が、温水のクレープにかじりつきます。

いつも餌付けしてるから…

クレープの味に目を丸くしてモチャモチャする小鞠。
やがて温水の反応から自分の間違いに気づきますが、

「ほら、クレープ美味しい。苺、甘い」
「い、苺……赤い……?」
「うん、そうだな。苺は赤いよな。ほらもう一口食べるか?」

温水は刺激しないようにつとめました。

八奈見への対応と違いすぎて草



唯一誕生日プレゼントを交換している!(4巻・6巻)

小鞠と紅葉の栞

部内で唯一温水に誕生日プレゼントをくれた小鞠。

プレゼントは紅葉と手鞠柄の栞で、温水が「手鞠柄」に言及すると黙れと言われましたw

イベントしっかり対応するタイプだよね

そして6巻では温水からのお返しが。
焼塩とのデートで買った、星の砂のキーホルダーでした。

それはやめれ



バレンタインでやってくれる小鞠(5巻)

カシス味のハート型チョコ(一粒)

温水が佳樹(妹)に好きな人がいると知り悶々としていると、小鞠が「聞きだしてやる」と言い出し、初めて温水家を訪問します。

「親いない」に過剰反応してしまう小鞠ちゃん
一瞬妹居ることを忘れましたww

建前はバレンタインチョコづくりです。

ところがこの日は豊橋鬼祭で、小鞠は粉まみれに。佳樹の手引きで温水邸のお風呂を借りることなります。

お風呂から出てきた小鞠はなんとゴスロリファッションに。(佳樹の新品の服)

試し読みにカラー挿絵あり

この後

  • 前髪をいじろうとして空振りする小鞠
  • 温水に可愛いと言われてフリーズする小鞠
  • 佳樹から(おそらく)温水の趣味だと聞かされ、涙目で見上げて馬鹿だと言う小鞠
  • でこ出しと普段のどっちが良いかと聞いてくる小鞠

など怒涛の可愛いを見せてくれ、温水をかなりモヤつかせました。

作ったチョコをくれた小鞠。

そこには一緒にチョコを作っていた温水に見覚えが無いラッピングと、1粒知らないチョコが。
カシス味のハート型チョコで、一だけの特別なものだったのは確かです。

言及するとかなり照れてくれました



好きなのかと言及され……(6巻)

6巻では焼塩と温水のデートに、上の恰好で尾行してきた小鞠。

否定しますが…「そもそも私、小鞠違うし」が可愛すぎる…!

他にも焼塩との100m走勝負に挑む温水に飲み物をつくってくれるなど、女子力を発揮する一面も。

途中まで、焼塩が温水を好きだと思い込んでいた小鞠。
違うと否定され「小鞠ちゃんこそ」と聞かれた小鞠も温水への恋心を否定します。

傍から見ると意識しているように見える小鞠の行動。

しかし当人は

  • 玉木部長への恋→ドキドキして胸が苦しくなった
  • 温水への感情→イライラする。温水は平気な顔をしているのが気に障るので少しぐらい……

少しくらい、意識させたいと??
思わせぶりなことしていると??

まさかのあざとい行動はわざとやってるだけ発言。

とにかく恋をしているわけではないそうですが、本当にそうなのでしょうか…?

どうでしょうか…?



マケインを90%offで読む方法

マケイン書籍(小説・漫画)を購入する際は90%offクーポンがもらえる、DMMブックスがお得です。

例えば負けヒロインが多すぎる!(小説版)は

1~3巻通常2,112円➡212円に。(1,900円オフ!)

※必ず一度に購入してください。

>>X・Googleアカウントで簡単登録<<

まとめ

マケイン小鞠知花についてまとめると……

  • 責任感の強い小動物系女子
  • 玉木に振られるも、最後は玉木・月之木を大切な人物として昇華した
  • 文芸部副部長に
  • 温水が好きなわけではないらしい()

ということでした

まぁ自覚したら一番告白してくれそうなキャラではある…

これからも小鞠の今後を見守っていこうと思います。またコスプレしてほしいな……

尚、新刊による新情報は随時追加していきますので、ぜひブックマークしてお待ちください。

\シェアしてくれるとめっちゃ喜びます/
この記事を書いた人
ザクロ

読書大好き、考察大好きのザクロと申します!
「どこよりも分かりやすい解説」を目指し、手描きのイラストや図を交え、「どういうこと?」とつっこみながら記事を作成しています。
シリーズものは新刊発売後、随時新情報に更新していきます。Xにて通知しますので是非フォローしてお待ちください!
記事のシェア・相互リンク歓迎です。

Xにて記事をアップ・追記した時にお知らせしています。気になる記事がございましたら、是非下記のボタンからフォローしてください(*ᴗˬᴗ)⁾⁾
負けヒロインが多すぎる!
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました